葬儀の親族の挨拶とは

葬儀での親族の挨拶について

葬儀における親族代表挨拶

通夜、告別式が終わり、出棺に先立ち行うのが、会葬お礼のご挨拶となりますが、喪主や施主に替わって親族の長老などが代表として行うことも稀ではありません。どのような内容にするかは、喪主や施主が行う場合とほとんど変わりなく、会葬のお礼、葬儀が滞りなく行えた報告と感謝、故人の最近の様子の報告、遺族への引き続いてのご厚情のお願いということになります。ただ、親族代表の葬儀での挨拶としては、故人と自分にまつわるエピソードなどを少し挟んで、故人のお人柄などに触れて、参列者とともに故人を偲ぶことを意識するのも大切だからです。

葬儀での親族代表挨拶

お通夜や告別式で、参列者に対してのお礼のご挨拶は、葬儀を行う地方やその地域の慣例などによって異なりますが、喪主か施主あるいは親族代表が行うことになります。喪主が行うことも多いのですが、喪主が年若いとか、悲嘆に暮れているとか、気持ちが動揺しすぎているというような場合やそうでなくても慣例として親族の代表が葬儀の終わりに参列者に対してお礼のご挨拶をすることも稀ではありません。このときは、喪主に替わってということですから、亡くなった方の名前を呼ぶようなときには敬称などは付けないで、身内としての立場を意識することが重要です。

葬儀の挨拶に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀での親族の挨拶について All rights reserved